14歳の愛犬チェリー、ヨーグルトでうんちも元気

JUGEMテーマ:ダックスフンド

 

 

 

あじさいの美しい季節。

 

我が家の、ミニチュアダックスフント、チェリーは、

6月末、14歳になります。


     

 

 

小型犬の14歳は、人間で言うと、70歳以上。

 

70歳のレディ。

彼女、最近、昼間から、よく寝ます。

 

 

お気に入りは、子犬の頃、「犬の生活」で買った黒のバッグ。

彼女、6か月から、ほとんど、大きくなっていないので、今でもちょうどよいサイズです。



      

 

暑くなってくると、外にでて、そのまま寝込みます。

 

 

      

 

近所に出かけるお散歩は、帰りしか歩こうとしないし、

体力は明らかに減退しているように思えるのですが、

 

非日常な世界に出ると、元気に歩くし、

見た目はどう見ても、子犬。

 

 

      

 

お手も上手。

 

 

      

 

当然、おいしいものには目が輝きます。

 

 

      

 

 

そんな70歳のミニチュアダックス犬。

その健康の維持に役立っているのは、

 

たぶん、ヨーグルト。

 

 

        

 

ふじっこのカスピ海ヨーグルトを、毎日、大匙1杯、食べているのです。

 

 

      

 

ヨーグルトの容器をあげると、ぺろぺろ。洗う必要のないほどピカピカにしてくれます。

 

 


そして、ここからは、写真公開しませんが、

 

彼女のうんち、   うんち

 

 

 

12歳ころから、乾き気味で小さなうんちがぽろぽろ状態  うんち うんち うんち  だったのが、

 

ヨーグルト効果で、腸活に成功したのだと思います。

 

うんちが、若いころのように、ちょうどよい水分で、「つるん」 うんち  が日常となったのです。

 

    拍手  拍手  拍手

 

 

人間だけでなく、犬にも、ヨーグルト

 

お薦めです。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 


よく寝るチェリー、もうすぐ14歳

JUGEMテーマ:ダックスフンド


我が家のミニチュアダックスフント・チェリーは、今年6月末に14歳になるかなりの老犬。
最近睡眠時間が長くなってきました。

     

楽しくて、動き回るときには、若いときと変わらない機敏な動きをしてくれますが、
普段は、かなりの時間、お気に入りのバッグの中でまったり。

     

そのうちうとうと。

     

ぐっすり。

      

そして、お目覚め。

      

お布団が暑くなりすぎると、床でゴロン。


実は、昨日、古い年賀状の整理をしていて、
チェリーのブリーダーさんからの年賀状を発見。
そこには、チェリーのおばさんが、
「2週間寝ついて、そのまま静かに13歳で永眠。」
そんなことが書かれていました。

どうしよう・・・




 

チェリーと一緒に羽根布団の準備

JUGEMテーマ:ダックスフンド


この頃ブログを怠けておりまして、
3人の友人から、心配のお電話をいただいてしまいました。
いつも電話で話す友人だけでなく、久しぶりに聞く声もあり、
時々ブログ、休んでみるものかも・・・なんて考えたりして。

私は元気にしております。
月〜金、毎日お仕事(英語教室)もありますし、
週一の、ラテンとバレイのお稽古も楽しんでいます。
以前は、何とかずる休みを画策していたのがうそのよう。毎週、皆勤です。
週末には映画も見ています。時には、美味しいものも食べています。
 
でも、近頃、いろいろ考えることがあり、
特に朝日新聞のことでは、
言いたいことがたくさんあって、どんなふうに書こうかなと悩みすぎ

そうこうしているうちに、時は経ち・・・

ますます、どんなふうに書いたものやら悩み・・・

そして、書こうと思っていたことも鮮度を欠き・・・

・・・


こんな時は、
我が家のフォトジェニック・チェリーでのリセットが最適かも。

というわけで、
ミニチュアダックスフント、体重3.3圈年齢13歳。チェリーです。

    

急に寒くなってきたので、今日は羽根布団の準備。
するとほどなくチェリーが、とっとっとっと、やって来ました。

    

大きな目で「お布団に入れてください」必死の訴え。

    

かわいいな〜。
見た目は、いまだに赤ちゃん(かなり頬がこけてるけど)
だけど、小型犬の13歳は、人間にすると68歳に相当する。

    

私より、ずいぶん年上じゃん!!! 
確かに最近はよく寝ている。昼寝が多いだけでなく、夜も早い。
あまりにぐっすり寝込んでいて、近づいても気づかない。
触ると、「何!!!」という感じでびっくりする。
散歩は歩きたくなくなると、道の真ん中で伏せてしまう。
普段の歩きはずいぶんゆっくり。でも美味しいものの時だけは、赤ちゃん返り。
素早く「ハウス」や「お手」を頑張る。

かわいい!!!


最近、英語の生徒さんの中に、授業が終わってもすぐには帰らず、
チェリーと必ず遊ぶ子が増えてきたのですが、
その中でも、個人レッスンのMちゃんは、チェリーを溺愛中。
先日も、玄関で10分ほど遊んだあと、聞こえてきたのが、
「あ〜ん、チェリーったら〜、そんなにかわいい顔で見つめられたら、帰れなくなっちゃう」
Mちゃん、気持はよ〜くわかります。

あと3年、いや、あと5年、できるならもっともっと長く、頑張ってね。
毎日、祈るような気持ちです。



 

暖かい陽だまりでチェリーはお昼寝

JUGEMテーマ:ダックスフンド


今日は、春のような暖かさ。
庭に福寿草が咲いているのを見つけました。
   
        

そこで、チェリーと春の探索。

     

つい先日まで雪がたくさん残っていたのに、

        

いつの間にやら、椿の蕾も大きく膨らみ

         

梅も、ちらほらほころび始めています。

          

こうなると、春は一気にやってくるはず。
来週には沈丁花の花の出番。 庭にいい香りが漂うはずです。

      
チェリーは、久しぶりに彼女専用のヒーターから離れ、
陽だまりで、気持ちよさそうにお昼寝。

        

でも、後姿だけ。

もうちょっと近づくと、きっと、気づいて起き上がってしまう。
あまりにかわいいので、静かにシャッターを切りました。

でも、やっぱり

        

おきちゃった。
「お昼寝、じゃましてごめん。」


おまけの写真

家族が、ふざけて撮った写真。
チェリーが、私同様、老眼になったわけではありません。

     

我慢強い子。されるがまま、何とか、眼鏡の重さに耐えています。

     

かわいいな〜






 

豚の生肉を食べても元気な老犬チェリー

JUGEMテーマ:ダックスフンド



先日、生の豚肉約250gを食べてしまい、食中毒にならないかと心配していた
我が家の11歳、老犬チェリーですが、
体調もよく、至って元気。ほっと一安心です。


         

いつものように、まったりとした日常をすごしています。

            


それにしても、彼女の体重は、3.3kg。それなのに、250gの生の豚肉を平らげた!


これって、50kgの人間に換算すると、3787gの肉料理を食べたのに等しい!

もちろん、小さい生き物ほどエネルギー消費量は大きいから、
単純には比較できないけど、それにしても、すごい量、
チェリーの犬生で食べたことのない量の食事をしてしまったわけで。


当然、その日のチェリーは、夕食時、
いつものマイボールの前で、「早くご飯下さい」アピールのひれ伏す体勢は取らず、
少しうろついた後、

「そうですよね。さすがに、今日は夕食なしですよね。わかっています。」
といった体で、ハウスに戻っていきました。



今回不思議だったのは、

これほど大量の食事をしたのに、驚くほどチェリーのウンチの量が少なかったこと。


翌朝は、いつもの1/4。
そして、食事が毎日2回だからか、必ず1日に2回あるはずなのに、その日は、朝の1回だけ。
そして、翌々日は、通常通りに戻ってしまったのです。


ということは、あの大量の豚肉は、チェリーのお腹から、どこに行ったんでしょう?


以前、寄生虫学者の藤田紘一郎氏のお話で、

   便の半分は、腸内細菌とその死骸。
   腸内細菌がたくさん存在し、つまり免疫力が強く、大量の便を出す動物ほど、元気なのだが、
   昔に比べ、日本人の便の量は半減。
   行き過ぎた清潔志向と植物繊維摂取の減少で、日本人の健康は損なわれている。
   元気なお婿さんが欲しい女性は、まずはともあれ、大量の便をする人を探しなさい!

そう聞いたことがあります。  


チェリーの場合も、食べた量に比例しなかった、というか、全くの反比例の便の量だった訳で、

犬には、「ドッグフードがベスト」、色々考えて・・・納得です。







チェリーの身体の先に赤白の帯

JUGEMテーマ:ダックスフンド

 

友人と電話しながら、いつも通り、クイックルワイパーでお掃除。
何気なく台所に入っていくと、


見たことのない風景!


我が家の老犬チェリーの長細い身体の先に、赤と白の帯が長〜く延びてい

               (チェリーの背後から見ている構図です)


「ぎゃー、何?」 ほんの一瞬、私は訳がわからず、おどろおどろしい声をあげ、
友人は電話越しに、おびえた声で 「どうしたの?」と叫ぶ。

台所の中でもちょうど家具の陰になり薄暗い場所にいるチェリーと、その赤白を見つめる私は、

「赤と白のまだら模様のリボン?そんな物あった?」
「チェリーは何を飲み込もうとしているの?」 
「でもチェリーの動き、なんだか素早い」 そんなこんなを一瞬のうちに考えつつ、

果敢にも、その正体の分からない赤と白の帯状の物を、取り上げてみた。


すると、

何度もさわったことのある、冷たく柔らかい感触。

お肉!!!



あちゃー。

電話の前に買ってきたばかりのバラ肉300g。

チェリーに、ほとんど食べられてしまいました。


          
          「最後まで食べたかったな〜。」って考えてるでしょ?50gも残ってない。



これは大事件。というか、あってはならない大事故!



生の豚肉、チェリーの老体は、大丈夫でしょうか?

もちろん犬は、人間に飼い慣らされる前、生のお肉で生活していたはず。
でも、それは、自分で手に入れた新鮮なお肉。
私が、火を通す調理を前提で買ってきた、スーパーのお肉とは違う。

幸い、日数のたった半額のお肉とかでなく、今日パックされたばかりのお肉でよかったけど・・・

もしも、万万万が一、何か悪い虫でもいたらどうしよう。
牛肉と違って、豚肉はしっかり火を通しましょう、とはよく聞く話。

しばらく、要注意でチェリーの様子を観察しなければいけません。



そして、私は、この大事故を、大いに反省しなくては。


だいたい、世間で起きる大事故って、
いくつかの、信じられないような偶然と怠慢がその背景にはあるもの。
北海道のJR、福島の原発、事故の背後には色々反省すべき事があるはず。



今回の場合、
もちろん悪いのはチェリーではなく、全責任を持つべき飼い主の私。


問題を引き起こした私の行動に、問題あ〜り。

 ,い弔發醗磴η磴な時間が間違いの元!

いつもは朝一番に買い物など行かないのですが、
今日は、なんだか久しぶりに涼しくいい気持ち、秋が大好きな私としては、
「朝一番に買い物を済ませ、その後は仕事に集中しよう」なんて、
いつも考えない事を思いついたのです。

それなのに、買い物から帰ると、ふと友人の声を聞きたくなり、
朝しか、なかなかつかまらない友人に電話をかけてしまった!

これが、大間違いのもと。


△修靴董△弔い笋辰討靴泙辰紳嬲も間違いの元!

いつもは、生ものを買ってきたら、もちろんすぐ冷蔵庫に収めるのですが、
なぜかな?
今日は、お肉の入った買い物袋をそのまま、台所の床においてしまったのです。

今となっては理由もわからない、
長年、生ものを扱い、食中毒を出したこともない私としては、考えられない行動。



上記、当然すべき事の怠慢と、いつもと違う偶然が重なって引き起こした事故。


今の所、チェリーは至って元気。

気持ち良さそうに、玄関でくつろいでいます。

        


何事もないといいな。祈るような気持ちです。







暖かい所を探してくつろぐチェリー

JUGEMテーマ:ダックスフンド
 

忙しさにかまけて・・・いえいえ、本当は、怠け者なので、

衣替え後のクリーニングがまだ残っている我が家。
中でも、かさばる物はついつい後回し。
「明日こそは」 忘れないために、夏用ベッドパット(お恥ずかしい!)を居間に出しておきました。

すると蠢くものを発見。

暖かい所を探してくつろぐのが大好き、チェリーです。



        
        「チェリー?!」    『何ですか?』
 

            
            「暖かい?」   『はい、だからくつろいでいるんですけど。』

 
            
            『用がないのならほっといてください。』
               
         
              

チェリーが「くいだおれ太郎」に変身!

JUGEMテーマ:ダックスフンド
 

             

我が家唯一のフォトジェニック、チェリー。
大阪のくいだおれ太郎さんに変身です。

親ばかとは恐ろしいもので、彼女のこの変身写真だけで40枚撮ってしまいました。
一部、紹介しますね。


                           
        これ、何ですか?

                       
        ひもまでつけてくれたんですか・・・

              
        仕方ないな〜。 


実は、これ、大阪土産に頂いたお菓子についていた飾り。
あまりの可愛らしさに、ついチェリーの帽子を作り、その姿にでれでれ状態になっている飼い主です。

お菓子については、明日、書きます!    



   

      

                  



エアコンをつけない夏の日のチェリー

JUGEMテーマ:ダックスフンド
 

今週は、久しぶりにまとまった雨があり、
へーベルハウスで、コンクリートに熱がたまり易い我が家も、
昨日までは、エアコンをつけずに過ごす事ができました。

でも、今日は、なかなか暑い。

頑張ってエアコンをつけていないので、ただ今、チェリーはクールシートの上。

   
         

寝ているというより、倒れている感じ。


            


「チェリー、お散歩行く? サ・ン・ポ !」 
声をかけても、目を開けるだけ。身じろぎもしません。

「どうせ、夕方にならないと行かないでしょ?」 そう言っているみたいです。

犬は、人間の言葉や行動より、心理を読む生き物。
全て見透かされています。


            

愛犬、チェリーの策略

JUGEMテーマ:ダックスフンド


昨日の夕方6時過ぎ、チェリーを散歩に連れ出しました。

         

すると、家の前の道路で、直ちに、停止。一歩も動こうとしません。

実は、6月28日に10歳になったチェリーは、最近お疲れ気味。
お昼寝の時間も長くなってきました。

それでも「散歩」と声をかけると、
これまでよりは少し控えめに尻尾を振りながら、玄関まで歩き、
リードをつけてもらう体勢に入ります。

それなのに。

「てこでも動かないぞ!」という気持ちを身体全体で表すこのポーズ。
これまでに10回ほど。
しばらく歩いて疲れたから、というのではなく、歩き出す前に、先ずは、このポーズなのです。


「チェリー、散歩に行こう」と何度か話しかけても、犬の耳に念仏。
道路の真ん中で、犬相手におしゃべりを続けるのって、おばさんの私にとっても少し勇気が必要。
そこで、毎回、仕方なく、抱っこをして、歩き始めます。

少し歩いたところで、下ろし、「さあ歩こう」 そう言っても

         

また、「てこでも動きません。」このポーズに入ってしまいます。


ところが、

散歩道を丁度半分進み、家に帰る方向になってから、道に下ろすと、

何と、これが、毎回!、嬉しそうに歩き出すのです。

散歩時に粗相をしなかったときは、ご褒美として、ほんのちょっとのミルクをあげるので、
「チェリー、いい子だったね。ウンチしなかったね。ミルク飲めるね。」
そんな言葉に、舌をぺロッとしながら、元気よく家路を急ぐのです。


これって、チェリーの策略に、ご主人である私が踊らされている?
チェリーの考えている事って、もしかしたら、

   若い頃は、歩く事それ自体が楽しかった!
   でも、最近は、歩くのはちょっとおっくうです。
   暑いし。
   できたら、おうちでゆっくりしていたい。
   私、家の中で、十分運動足りていると思うんです。
   それに、もう夕方ですよ。
   そろそろ、ご飯の時間です。
   これから散歩なんて、しなくてもいいのではありませんか。
   でも、考えてみれば、散歩の後に、90%の確率でもらえるあれ(ミルク)は魅力的。
   そうだ!
   「行き」だけは、抱っこで連れて行ってもらおう。
   そして「帰り」は自分で歩こう。
   そうすれば、あの人、歩いたときのご褒美のあれ(ミルク)くれると思うんだ。
   甘いところ、あるからね。
   うん、うん、これっていいアイディア。
   


まあ、こんな姿も可愛い、と思ってしまう親ばかな私。

今日も、夕方になったら、半散歩、してみよう。
もしかしたら、半分の道のりをチェリーを抱えて歩く事で、私の二の腕がスッキリしてしまうかも。
そしたら、怪我の功名ですよ。




   
     


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:645
最後に更新した日:2017/10/15

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM