ボブ・ディラン BLOWING' IN THE WIND 和訳のレッスン(2)

JUGEMテーマ:外国語学習

 

 

先週、中途にしてしまった、

BLOWIN' IN THE WIND の かなり丁寧すぎる!和訳解説 の2回目。

今日は、下記、5行目い硫了譴ら最後まで。

 

 

BLOWIN' IN THE WIND                                                1963 Bob Dylan

 

How many roads must a man walk down                   Before you call him a man?

How many seas must a white dove sail         Before she sleeps in the sand?

How many times must the cannonballs fly        Before they’re forever banned?

★The answer, my friend, is blowin’ in the wind      The answer is blowin’ in the wind

 

How many years can a mountain exist       Before it’s washed to the sea?

How many years can some people exist       Before they’re allowed to be free?

How many times can a man turn his head      And pretend that he just doesn’t see?

★The answer, my friend, is blowin’ in the wind       The answer is blowin’ in the wind

 

How many times must a man look up         Before he really sees the sky?

How many ears must one person have         Before he can hear people cry?

How many deaths will it take till he knows       That too many people have died?

★The answer, my friend, is blowin’ in the wind       The answer is blowin’ in the wind

 

青字は面白いと思う点。

緑色は下記YouTubeの見出しと違う、実際のボブディランの歌声。

赤字は、他の皆さんと私の理解の仕方が違う点です。

 

 

 見出しと実際の歌声の違い

 Pretending → and pretend that,  can see → really sees,  one man → one person

 

 

    音符   英語   onnpu   英語   英語   音符   音符 

 

 

How many years can a mountain exist,  before it's washed to the sea?

 

How many years 「どれだけの年数、何年間」 

a moutain 「山」は exist 「存在する」

 

これまでは、すべてmust 「〜しなければならない」を使った疑問文でしたが

ここから、ぁ銑Δ任蓮can「〜できる」を使った疑問文になっていますから

 

 

How many years can a mountain exist

どれだけの年月、山は存在できるのか

 

 

Before it's washed to the sea?

 

it 「それが」is washed 「洗い流された状態である」 to the sea 「海まで」

それが崩れて海に洗い流されてしまう前に

 

 

    How many years can a mountain exist,

                  山はどれだけの年月そのまま存在できるのだろう

   Before it's washed to the sea?

      崩れて海に流されてしまう前に

 

------

 

How many years can some people exist,  before they’re allowed to be free?

 

how many years can まで、そしてexist はい汎韻検

 

間のsome people のsome の存在、私は、これがとても大切だと思うのですが、

他の方の和訳ではほとんど無視されているようです。

 

確かに、I want some icecream. 

このような文では、some は日本語には訳さなくてよい、いや訳さないほうが自然だ。

そう習った方も多いと思います。

でも、だからと言って、「some はいつも無視していい」ということにはなりません。

 

-------

 

ここでちょっとsome の使い方を短く解説。

 

some は端折って言うと「ある程度のものが存在する」時に使う言葉。

「 〜 」と訳す、そう覚えるよりも、

「ある程度のものが存在する」というイメージで、理解することが大切。

 

 

例えば先ほどの

I want some icecream.

 

話者は、a lot of 「たくさん」でも a little「少し」でもない。

some 「ある程度の量の want 欲しいものがある、それはアイス」そう言っています。

この場合は、日本語にわざわざ訳す必要はありません。

 

でも、もう一度言いますが、

だからと言って、「some はいつも無視、和訳の必要はない」という意味ではありません。

 

 

例えば、

現在地球上には73億人の people「人々」がいます。

その中には、happy な人もいれば、そうでない人もいる。

 

そんな状況を英語にするときには some が必要。和訳もしなければならない。

 

Some people are happy but some (people) aren't.

ある程度の数 happy な人もいるけど、ある程度の数、そうでもない人もいる。

幸せな人もいるし、そうでない人もいる。

 

 

How many years can some people exist

 

ここでは、結局 people 全部ではなく、その一部を「ある程度」、some で括っている状態。

some で括られた「ある程度の数の人々」、

すべての人ではなく「その限られた人々」は、何年存在することができるのか?

そう聞いているのです。

 

------

 

Before they’re allowed to be free?

 

some people を they に変えて、その人達は are allowed 「許される」 

to be free、 be free 「自由になる」のを許される

 

 

ァHow many years can some people exist       

    その人々は、どれだけの年月生きることができるのですか         

  Before they’re allowed to be free?

    自由になるのを許される前に

 

 

びっくり  クエスチョンマーク  危険

 

ここまで訳して、皆さんちょっと考えてください。

 

疑問点はありませんか?

 

「自由になることを許される前に、その人達は何年間生きることができるのか?」

 

意味が分かりますか?

その人達ってどういう人達でしょう?

自由になる前に何年生きることができる? ・・・矛盾していませんか?

 

 

確かに、そう考える人は多いようで、ネット上にある訳でも、

工夫、

私からすれば、してはいけない工夫、

書かれていることを、ちゃんと理解して和訳を探るのではなく、

無視したいことは好きな様に無視し、

何かに変換したいところは、訳者の勝手で変換するやり方、

そんな方法で、

some はなかったことに、

そしてcan は他のフレーズ同様 must として訳してしまう工夫を実行した結果、

私には、奇妙な和訳にしか思えない

 

(G)「は自由になることを許される前に、あとどれだけ生きなければならないの

  「は後何年生きれば自由の身になれるのか」  そんな和訳があふれています。

 

--------

 

ここは、文化の違いを考慮する必要があると思います。

 

ァHow many years can some people exist       

    その人々はどれだけの年月生きることができるのですか         

  Before they’re allowed to be free?

    自由になるのを許される前に

 

このフレーズの意味を理解するために、考えなければいけないのは、

先週の,諒絃呂硫鮴發汎瑛諭

 

  (F)西洋人の文章には、私たちが想像するよりはるかに、はるかに多く、

   そして深くキリスト教の考えが入り込んでいます。・・・

 

またまた、私の中高時代に得た情報からの知識ですが、

 

 

キリスト教における死とは、終わりではなく、

地上での罪をすべて許され、つまり救済され、神によって天に召されること。

神様からの祝福とされているのです。

 

その人と会えなくなるという意味では悲しいけれど、決して痛ましいものではない。

 

 

何故なら、人はキリストの愛の中、信じて死を受け入れれば、

神の身元に召される、つまり現世の苦難から解放され (free) 神の国に入る。

その後、何時か来る復活の神秘「最後の審判」で、永遠の命さえ得られる!

 

だから、よく幼児期に亡くなった子供の葬儀では

神様に愛されているから、こんなにも早く神様のもとに召された、

でも、だからこそ、天上の幸福を得ているのですよ、そんなお話しがされる。

 

大きな障害を持って生きた人や、

世の中から虐げられて苦しい人生を送った人などについても、

神様に愛されているからこそであり、

今は、神様の身元で大きな慈愛に包まれていますよ、そんなお話が。

 

また、キリスト教において自殺が大罪とされるのは、

神から与えられた時・苦難を全うせず、自分でそれを終わらせてしまう行為だから。

教会によっては、自殺者の埋葬が許されないところもあるのです。

最近は、減ってきているようですが。

 

 

こういう考え方で、再び味わってみます。

 

ァHow many years can some people exist       

  Before they’re allowed to be free?

  

  色々な苦難の中、現世を生きているそれらの人々が、

  神のもとに召され本当の自由を手にする(=死を受け入れる)までに

  後、どれだけの月日を現世で過ごすことができるのだろう

 

 

ここで、クエスチョン。

 

ボブディランが、

心から、キリスト教の死と、その後の復活の神秘を信じている人だったら、

can ではなく、must を選んだはずだと思うのです。いかがでしょう。

 

だって、キリスト教では、本当の free は現世にはなく、天上にある。

さらにはもっと価値の高いfree は、その後の復活の神秘の後にあるとされているのです。

 

それを心から信じているはずのsome people 「限定されたそれらの人々」にとって、

現世は、must exist

「神様の元・天上に行く前に、存在しなければいけない義務の場所」のはず。

 

でもボブディランは、現世に can exist 「存在することができるのか」

can を選び、可能性を問うている。

 

私は、ボブディランは、キリスト教が重視する死後の世界よりも、

現世に生きる事、そのものの方に、より価値を見出しているのだろうと思います。

 

---------

 

実は、私がいくつかの YouTube で聞いたところ

ボブディラン氏は、きΔ諒絃呂 can ではなく must で歌っていたりもします。

でも 下記イ任蓮必ず can で歌っているのです。

 

ボブディラン氏は、 下記の文での can に強いこだわりを持っている。

それを無視して、もう一度言いますが、(G)のような和訳はいけないと思うのです。

 

結果

 

ァHow many years can some people exist

  あの人達はいつまでこの世で生きることができるのだろう

              

  Before they’re allowed to be free?

  彼らが言う本当の自由を手にするまでに

 

-------

 

How many times can a man turn his head, and pretend that he just doesn’t see?

 

 how many times また出てきましたね。「何回」can a man

 

turn his head 「頭を回転する」ということは、「首を回す」「横を向く」「顔をそむける」

日本語では、頭ではなく、首や顔を使って表現します。

 

 

How many times can a man turn his head,

何回人は顔をそむけることができるだろう

 

------

 

And pretend that he just doesn’t see?

そして、pretend that (文)で

「(文)〜が・・・だという、ふりをする、真似をする、偽る」

 

the man の代わりの he は、 just 「ただ」、doesn't see 「見てない、見えてない」

 

and pretend that の代わりに、テロップではpretending となっていますが、

意味は殆ど同じ。

〜 ing が、(文)の前につくと「(文)〜が・・・しながら」となります。

 

 

And pretend that he just doesn’t see?

全く見ていないふり、ただ見ないふりをしながら、

 

 

ΑHow many times can a man turn his head,

     人は何度顔をそむけることができるのだろう

  and pretend that he just doesn’t see?

     見えていないと自分を偽りながら

 

-------

 

How many times must a man look up   Before he really see the sky?

 

how many times 「何回」 a man 「人は」 look up 「上を見上げる」

must ですから

 

人は、何回上を見上げなければいけないのだろう

 

Before he really sees the sky?

 

その人が really 「本当に」sees the sky 「空を見る」

 

テロップでは really sees がcan see になっています。

その場合も、言いたい内容は同じ。

 

空を本当に見ることができる前に

 

А How many times must a man look up  

      人は何度空を見上げなければいけないのだろう

   Before he really see the sky?

     本当の空を見たと言えるまでには

 

-------

 

How many ears must one person have     Before he can hear people cry?

 

きイ任蓮how many years でしたが、気をつけて!

とても似た音、わかりにくいですが、ここでは years ではなく、ears 「耳」です。

 

 

  ↑ year と ear の違いを楽しく教えてくれます。Chikaさんのチャンネルは全てお薦め!

 

 

 

「どれだけの数の耳」を one person 「一人の人間」はmust have「持たねばならないのか」

 

 

他のYouTubeで、このone person は one man になっています。

a man ではなく、one man になっているのは、

このフレーズでは、耳の数についての問いかけ。

数に特化した質問なので、1つを表すのに a/an ではなく、one を選んだんだと思います。

 

この違いで、聞いている人は、「あれ?!」と思い、

ギターの音などにかき消されがちな、years と ears の違いが聞き取れなくても、

その後に続くフレーズの意味などからも、

ここでは ears 「耳」と言っているのだな、そうわかるのです。

 

How many ears must one person have  

人は、一人に対していくつの耳が必要だろう 

-------

 

Before he can hear people cry?

 

hear 「聞く、聞こえる」という動詞は、その後に、「人」「動詞」が続くと

「人が〜するのが聞こえる」という使い方ができます。

 

つまり、1つの文の中に、普通ありえない、2つの動詞がそのまま入り込むという異例の事態。

これは、see, look at, watch, observe,notice, hear, listen to, feel など

見る、聞く、感じるなどの知覚動詞と、make,have,let などの使役動詞だけに許される方法。

(もっと掘り下げたいけど・・・またまた長くなるので)

 

ここでの people には some がついてないから、「一般の人々」がcry 「泣く、叫ぶ」

 

Before he can hear people cry?

彼が、ほかの人達が泣き叫んでいるのを聞くことができる前に

 

 

先ほど、one man のバージョンと one person のバージョンがあることを書きましたが、

このフレーズの後半部分にある people「人々」、

これに対応して使われる「人ひとり」を表す単語は、一般的に、man ではなく person です。

 

そこで、ボブディランは、当初、one man だったのを one person に変更したのかな、

そのほうが、この一文だけを聞くときに心地良いな、

私はそんなことも考えました。 

 

 

─ How many ears must one person have     

            人は、それぞれいくつの耳が必要なのだろう

   Before he can hear people cry?

    ほかの人が泣き叫ぶのを聞き逃さないためには

 

------

 

How many deaths will it take till he knows     That too many people have died?

 

この文章、実は文章を理解するためには、2分割する場所を変える必要があります。

上記の2分割は、歌い方が要求したもの。

 

意味を考えるための分け方は、

 

How many deaths will it take   Till he knows that too many people have died?

 

 

前半部分は、

いくつの death 「死」が will ですから、これから・未来についての質問。

 

it take という表現は、時間、労力、お金、燃料などが必要な時に便利な表現。

特に「○○時間かかる」という表現には便利です。

 

It will take thirty minutes (to get home).

     (家に帰るのに)30分かかる

 

It takes a lot of brains (to do that).

    それ(をする)にはかなり頭を使う

 

 

How many deaths will it take

いくつの数の死を(それは)必要とするのだろう

 

-----

 

Till he knows that too many people have died?

 

till 「〜までに」 he 「彼」これまで何度も出てきたa man の代用だと思います。

he knows that (文)「彼が(文)〜が・・・だと知る、気づく」までに

 

too many people「数が多すぎる人々」

have died これは、have +die「死ぬ」の完了形 この場合、「死んでしまった」

 

 

Till he knows that too many people have died?

あまりも多くの人が死んでしまったということを彼が気づくまでに

 

 

  How many deaths will it take

      どれだけの人が死ぬことになるのだろう

   till he knows     That too many people have died?

                     あまりにも多くの人が死んでしまった現実に人が気づくまでに

 

 

-----

 

 

これで かなり丁寧すぎる!和訳解説 はやっと終わり。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。

 

BOB DYLAN の BLOWIN' IN THE WIND 

私の和訳、全文は、解説なしで、

次のページに載せたいと思います。

 

 

なにせ、

解説が、微に入り際に入りで、かえって読みにくいことは重々承知だったのですが、

 

こんな解説を喜んで下さる方もいるかもしれないと思いまして・・・

 

それに、

直接面と向かってお話しするときには、その方の英語能力に合わせることができるので、

もっとわかりやすくできるんです・・・

 

Tさんは、この授業、楽しすぎる、そうおっしゃってくださっているんです・・・

 

 

 

 

 


コメント
チェリーズマムさんお久しぶりです!
ちょいちょいブログを覗かせていただいてます。
このボブ・ディラン特集楽しく読ませていただきました。英語はぼちぼち続けてますので、勉強になります。本当に、家が近くだったら習いに行きたいです!
この歌もかみしめるほどに深くていい歌ですね。耳ではよく聴いていたけど歌詞までよく知らず、ヒッピー風の軽くてシニカルな歌なのかなあというイメージだったので、この静けさ深さが予想外でした。
ゆみさん、本当にお久しぶり。
私もゆみさんのブログ、読んでますよ。
我が家に遊びに来てくださったのが、とても懐かしいです。
おちびちゃん、大きくなったのでしょうね!

ボブディランさんは、さすがノーベル賞を受けるだけあり、
素晴らしく練られた歌詞。
格調もあり、読み応えがあります。
でも、その解説は、書くと、難しく、
読みにくかったでしょ?!
ゆみさん、一人でも楽しんでいただけたことを確認できて、
とてもうれしいです。
コメント残してくださったこと、感謝します。
  • チェリーズマム
  • 2016/11/10 8:37 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:643
最後に更新した日:2017/05/06

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM