CMに怒り心頭 ‘toの発音は「タ」’ ではない! 

JUGEMテーマ:外国語学習

 

 

 

スタディサプリの最新CM

 

  ショック I have to go の to のホントの発音は "タ"

        これで、劇的にリスニング力が上がるから

 

講師は、口を大きく開けるはっきりとした ‟タ” を発音。

言い切っていますが、

こんな発音聞いたことがありません。皆さん、信じないで。

 

 

 

私は、この言い切りに、2つの意味で怒っています。

 

1つは、この発言が、全くの見当違い。間違っているから。

 

2つ目は、英語はシンプルなルールに則って運用される言語。

一見、特別な事例に見えるような時にも、

必ず大きなルールに則った理由「なぜ」にコントロールされている。

「理由」がわかれば汎用できる。

だから、「理由」をわかりやすく説明する、それこそ英語教師の仕事。

ただ単に暗記の羅列なら、教科書や参考書で足りる。

なのに、この講師はそんなの関係ない。

ただただ(間違った)暗記を強要しているから。

 

 

 

あー、考えるだけで、イライラする!

 

 

--------------

 

 

では、気持ちを落ち着けて

 

 

TV放映中のCMへの反論。私なら・・・

 

    I have to go. to の発音は、口と舌を緊張させない弱〜い「トゥ」

    ['aih'æftəg'ou] 発音は何時だって言い易い方に変化するから。

    繰り返し発声、リズムをゲット。リスニング力はついてくる。

 

    

 

---------------

 

さて、ここからは、

I have to go. の発音バリエーションについての理由つき解説。

 

 

日本語なら、

 

「わたくし、もう行かなければなりません。」

「わたし、もう行かなくては。」

「もう行かなくては。」

「も、行かなくちゃ。」

「行かなきゃ。」 

 

声の出し方、速さだけでなく、

単語や語尾を選び直すことで、丁寧な言い方からぞんざいな言い方まで、

色々な表現、ニュアンスを出しますが、

 

英語の場合、I have to go. 同じ文章でも、

その発音、発声方法、速度を変化させるだけで、

日本語同様のニュアンスの変化を表現できます。(便利!)

 

時間がある方は、ぜひお読みください。

 

--------------

 

まず最初に、

 

どの言語でも起きる現象

 

「人間は発音する時、口や舌の動きやすい方に、ついつい流される」

 

これについてお話しします。

 

------------

 

例えば、日本語の一例。

 

「もう行かなくちゃ」

 

この文章を、家族に話すと想定、気負らず、通常の速さで言ってみてください。

そして、自分の発音を、よく思い返してください。

 

 

あなたは、[モウイカナクチャ]と発音しましたか?

 

それとも [モイカン_チャ]

「ク」の音は、完全に消滅。

「ナ」、ローマ字で書くと na の中に隠れた母音 [ア]は、

力の抜けたよくわからない音に変化、[ン]に似てしまっていませんか?

 

 

みなさん、NHKのアナウンサーではないのですから、

家族相手、

気負わない状況なのですから、

 

[モイカン_チャ]だったでしょ?

 

だって、そのほうが自然。楽。

 

 

一事が万事決まり事通りのコンピュータとは違います。

 

人間は、少しくらい端折ってもわかってもらえる状況、甘えられる状況では、

ついつい舌と口の動きが楽な方を選びがち。

そして、聞いている方も、それに違和感を持つことはありません。

 

いえいえ、上記の文章、

すべての音をクリアに話す[モウイカナクチャ]の方が、かえって不自然。

芝居がかって聞こえます。

 

それが現実。

 

 

英語でも同じ。

人間は発音するとき、口や舌の動きやすい方に、ついつい流れるのです。

 

私はこの現象を「発音楽々ルール」と呼んでいます。

 

ただこの現象、どこまでも突っ走ることはありません。

音の変化が、他の表現との間違い安さを生み出す時には、このルールは停止します。

 

 

理由がわかった上で、ネイティブの発音を、真似っこ!

おのずとネイティブみたいな良いリズムと発音が手に入り、

その結果、リスニング力も強化されます。頑張って!

 

 

------------

 

さて、「発音楽々ルール」の存在を踏まえて、

Ihave to go. を考えましょう。

 

 

上記4つの単語は、それぞれ単独で発音すると、

 

  I ['ai]、   have [h'æv]、   to [t'u:]、    go[g'ou] となります。

 

 

 

でも、上記中、

2つがつながって使われると「〜しなければならない」の意味となる

have と to の組み合わせは、

 

あまりに頻繁に登場するため、

まるで一つの単語の様に認識されるようになり

have to は、まるで1つの塊として下記の様に発音されるようになったのです。

 

  [h'æft'u:] 

 

 

 

そう「ハブツー」ではなく「ハフツー」(カタカナ発音、このままでは訛りすぎですけど)

 

懐かしいですね。

中学校2年生でそう習いましたよね。

 

でも、どうして [v] の音が [f] に変わるのか、知っていますか?

 

 

 

理由は、もちろん 

「発音楽々ルール」

人間は発音時、口や舌の動きやすい方に、ついつい流れるから。

 

 

 have [h'æv] と  to [t'u:] を、一つの単語の様に直結して発音するということは、

 

声帯を震わせる濁った音(有声音)[v]の直後に、

声帯を震わせないきれいな音(無声音)[t]を続けるということ。

 

実は、これがなかなか難しい。

 

 

もし、これが、

[ン」以外の音は必ず母音とともに発音されるのがルールの日本語なら、

[v]と[t]の間に、強制的に母音[ア、イ、ウ、エ、オ]のどれかを挿入!!!

[ヴィト]とか [ヴト]にしてしまい、楽な発音を楽しむところですが、

 

これは、日本語に限定されたルール。

英語に、こんな日本語限定のルールを当てはめることはできません。禁止!

 

英語では、言いにくい音のつながりでも、間に何かを挟むことは厳禁!

やってはいけない事なのです!

 

 

 

でも、have to を一つの単語の様に発音するために

 [v]と[t]を直結しなければいけない そう、We have to connect them directly.

 

[vt]    これは、発音しにくい!

 

こんな時、発動すべきは「発音楽々ルール」

 

 

この場合に、英語を話す人達がする工夫は、

清濁どちらかの音、

それも目立たせる必要のない方の音を変化させて、つなぎやすくする方法。

 

have to の場合、

声帯を震わせる濁った音(有声音)[v] を、

口や舌の位置が同じ、しかもきれいな音(無声音)[f] で代用。

その上で、やはり無声音の [tu:] につなげる・・・   だって、そのほうが楽だから。

 

 

これなら、日本語限定ルール・母音を足すなどという間違った方法ではなく、

英語のルールの土台の上。

 

 [h'æft'u:] の誕生です!

 

------------

 

でも、変化はここで終わりません。

 

「人間は発音しやすい方、楽な舌や口の動きの方に、ついつい流れます」よね。

 

英語の単語に関していうと、

英語では、すべての単語に、長さに応じてアクセントが一つか二つあるものですが、

アクセントの置かれない母音は、スペルの字に関係なく、

最弱な母音:シュアサウンド[ə]になってしまう!

母音の省略が起きることもあります・・・だってそのほうが楽だから。

 

 

例えば beautiful ['bju:təfl]   

beau [bju:]  ti [tə]  ful [fl]   

 

[ビュー]の所にアクセント[']があるので、

それ以外の母音は弱い音[ə]になったり、発音されていません。

 

internationalization [intən'æʃənəli'zeiʃən]

とても長い単語。たくさんのシュアサウンドが使われていますね。

 

 

シュワサウンド[ə]、'schwa sound' は、

口、舌すべての緊張をほぐし力を抜いて発声する[ア]に似たとても弱い音。

短い時間で発音できるので、

単語の中に、強弱だけでなく、緩急の変化も生み出し、英語特有のリズムが生まれます。

 

 

実は日本人も、気づかぬうちに、多用しています。

先ほどの「もういかなくちゃ」の「な」の母音が弱くなって

「ん」に近づいた音がまさにそれ[nə] の音なのです。

 

 

 

さて、have to はまるで一つの単語のような扱いになっています。

この短さで、一つの単語扱いなのですから、一つのアクセントで充分。

 

この場合、

 

 [h'æft'u:] の前半 [h'æ] のアクセントはそのまま。

後半の [t'u:] が弱まり [h'æftə] になります。

 

    

    この記事の最初に書いた

    

    I have to go. to の発音は、口と舌を緊張させない弱〜い「トゥ」

    ['aih'æftəg'ou] 発音は何時だって言い易い方に変化するから。

    繰り返し発声、リズムをゲット。リスニング力はついてくる。

 

    ここでの弱い「トゥ」という表現は 

    シュアサウンドを使用する[tə]を表わすための苦肉の策だったのです。

 

 

-----------

 

ちなみに3人称単数現在形の時に使う has to の場合も

 

has [h'æz]  と to[t'u:] を直結させると

有声音 [z]が、性質の近い無声音 [s]に変化。

 

[h'æst'u:] が一旦誕生。

でも、人間は発音しやすい方、楽な舌や口の動きの方に、ついつい流れるので

[h'æstə] という発音になります。

 

-----------

 

 

さて、ここで、ようやく

I have to go.  という文章全体の発音を考える下準備ができました。

 

 

  I ['ai]、   have to  [h'æftə] 、    go[g'ou]

 

これを、シンプルにただつなげると ['aih'æftəg'ou] が出来上がりますが、

 

 

実は、この発音の和訳に「もう行かなくちゃ」はふさわしくありません。

この発音だと、「わたくし、もう行かなくてはなりません。」的な?

ちょっとお堅いイメージになってしまうのです。

 

 

だんだんわかってきましたよね。

 

['aih'æftəg'ou] これでは、発音するとき、口や舌がまだまだ緊張状態。

どなたか目上の方にでも、お上品に話したいときにはピッタリですが、

日常会話で、友達や家族に話すには、固すぎるのです。

 

 

I have to go. これを、「もう行かなくちゃ」的、

速い速度が普通の日常会話で使うのにピッタリな英語の発音にするために、

「発音楽々ルール」を発動。発音のバリエーションを学びましょう。

 

 

「発音楽々ルール」を発動させるときに気をつけるべきは、

  他の単語と誤解されるほどの変化はしない。

  文章の中で大事な情報や単語は、アクセントを乗せてクリアに発音。

  反対に、目立たせる必要のない単語は、弱い音に変化させたり消滅させることも。

 

 

-----------

 

 

下記に、

I have to go. の発音変化と「和訳」の対比を一覧にします。

ぜひ「発音楽々ルール」をもとに体感してみてください。

 

 

 

I have to go.

 

 ['ai__h'æf_t'u:_g'ou]   「私 / もう / 行かなければ / ならないんです。」

             文章構造を説明したい時など、すべてをくっきり。

                                    [v] は [f] に変化済み。でもto は [tu:] のまま。

 

['aih'æftəg'ou]        「わたくし、もう行かなければなりません。」

               日常会話、でも丁寧に話したい時。 

 

[əh'æftəg'ou]        「わたし、もう行かなくては」

                「私」を目立たせる必要はないので、‛I’ はシュアサウンド[ə]に。

 

  「目立たないように ‛I’ はシュアサウンドで発音」これこそ ‛I’ の一般的・普通の発音!

    ‛I’ をはっきり発音し続けていると「私が!」「私が!」自己主張の強い人に聞こえます。

 

 [əhə təg'ou]           「もう行かなくては」

        [f]、歯はかすかに唇に触れ[t]に瞬間移動。スペースのみ残るが音は聞こえない。

 

 [əhədəg'ou]         かなりな速度の「も、行かなくちゃ」            

               [t]が、発音の楽なフラップ音、弱い[d]に変化

             [f]音のスペースも、速さの影響で消滅。

 

 [hədəg'ou]                  速くぞんざいな言い方で「行かなきゃ」

             ‛I’ のシュアサウンドが欠如。

             文脈でわかる場合は、英語でも主語が抜けることがあるのです。

  

--------------------

 

 

上記の中で、私が一番おすすめする発音は

 

[f]のために、歯はかすかに唇に触れているのだけれど、その音は聞こえない
[əhə təg'ou]        「もう行かなくては」

 

通常の会話で使用、だれにも聞き取ってもらえ、誤解を招かない、

ちょうどよい発音だと思います。

 

-------------------

 

どの言語にも当てはまる「発音楽々ルール」を意識しつつ、

ネイティブの文章構造・発音を理解した上で、繰り返し発声して練習する

 

⇒すると、リズムの良い英語の発音が手に入る

 

⇒自分で正確に発音できるようになったものは、聞き取れるようになる

 

 

つまり、よいリズム・発音に努めると、リスニング力も手に入るのです。

お得なのです!

頑張りましょう。

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:645
最後に更新した日:2017/10/15

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM