JR東海ツアーズで京都ブライトンホテル

JUGEMテーマ:健康


京都に行ってきました。

4月18日、夫が名古屋で午前半日の仕事、ならば、
京都まで足を伸ばし、北の方に行けば、桜が見えるかも、そう考えたのです。

前回、11月の紅葉のトップシーズンの京都旅行の際は、直前2日前に決まったので、
お得なチケットなど使えなかったのですが、
今回は、1か月半前に決定。時間があったので、

以前にも使ったことがある、
JR東海ツアーズを利用。

これは、新幹線とホテルがセットになっていて、

最大限お得な便を選ぶことができれば、
新幹線代を普通に払うと想定して、ホテル代が、半額になる感じ。

    ⇒フリープラン京都早トク21/京都中心部  京都ブライトンホテル


たとえば、京都まで2人だと、
4月の土曜日、京都ブライトンホテルで、2人の値段が、42100円×2人= 84,200円

JRの基本料金だけで、(運賃7,980円、特急料金5,030円)×2(往復)×2人=52,040円

京都ブライトンホテル、40屬離曠謄訛紊、朝食付き2人で32,160円!ってありえないでしょう。


でも実の所、そんなにうまい話がそうそうあるはずもなく、
上記、提示された料金の電車は、時間設定があまりよろしくない。


好ましい時間帯、つまり、
朝のちょうどいい時間、帰りのいい時間、そして、「のぞみ」を選ぶと、
たいてい、プラス2000円〜5000円×往復かかる、

   たぶん、JRは、団体客の予約が入っている便とそうでない便、などで
   値段を分けて、混雑をさけているのではないかしらん
   「こだま」を選べばたいてい追加料金は不要。

というわけで、たいてい、プラス2000円〜5000円の便を、行き返りともに選ぶことになり、
先ほどの84200円に加え、2人で15,000〜20,000円位は必要となる。

つまり、実際は、2人で10万円程度。
それでも、JRの料金を引くと、ホテル代として想定できるのは、2人で5万円弱。
「京都ブライトンホテルの土曜日、朝食、ウエルカムドリンク付き」としては、確実に安い!


さて、ここで、さらなるうれしいお知らせ。
これが、このツアーの隠れた魅力。


実は、京都の場合、往復それぞれ、追加料金に、
あと2,000円足すだけで、グリーン車にできる!
普通にグリーン料金を払うと、片道5,100円だから、かなりお得。


私はお金持ちでも社用族でもないから、
普段、普通に運賃を払って新幹線に乗る時に、グリーン車を使うことは一切ないけど、

う〜ん、プラス2000円だと、グリーン車にしたくなる。

だって、靴を脱いで、足を足台に載せ、
入口近く網棚の上に常備のブランケットを取って来て、ひざにかけると優雅、快適。
食べ残しのごみだって、テーブルに載せておくと、
添乗員さんが、「お済みですか?」なんて言って片付けてくれる。
しかも、もしかしたら、だれか、芸能人に会えるかもしれない・・・
例えば・・・もし、米倉涼子さんなんかが、通りの向こうにいたりしたら・・・
なんて、考えて、
帰りをグリーンにしました。

でも、行きは、普通車の指定席。
実は、今回は、娘も一緒。3人だったので、行きは、3人で横並び、
おしゃべりができることが大事。
でも帰りは、たぶん寝る、
だから、1人は席が離れてしまっても、帰りは靴を脱いでくつろげるグリーン車で。
たった2000円で、ウフフ、というわけです。



ちなみに、京都ブライトンホテル、よかったです。
お部屋は、普通よりかなり広くて42

お風呂は、ホテルでは珍しく洗い場がついていて、
地下で湧き出す飲めるお水を使ったお湯がドバ〜ッと、本当にたっぷり出て快適。

何が素晴らしいってホテルマンがすべて素晴らしい。
ちょうどよい温度・親切・丁寧。
コンシェルジェも、今日市内観光の計画に気持ちよく対応してくれました。


心残りは、朝食、「京都一番と評価を受けている和定食」を選ばなかったこと。
前の晩が、和食だったので、家族が洋食を食べたいと言い、
私もそれで良いと、その時は思ったのですが、
帰宅してから、今回の旅行を振り返り、
やっぱり、「一番」を体験できるのにしなかったことが悔やまれて・・・
夫と娘と別行動。一人で優雅に和朝食をいただいてもよかったかも・・・

京都一番の和朝食をいただいてみたいので、
ぜひ、もう一度ブライトンホテルに泊まるチャンスが来ますように!



さて、JR東海ツアーズで、注意が必要なのは、
途中下車、途中乗車ともに不可!ということ。
それから、乗り遅れたら、遅い便の自由席には乗れるけど、指定を取り直すことはできない。
つまり、日時の変更ができないのです。

ちょっとのお得を取るために、それだけの不便はつきものなわけで・・・


今回は、夫の仕事が途中駅の名古屋であることから始まった企画。
娘も参加するというので、3人分でチケット購入。
娘と私は、京都に直行。
夫は、名古屋でその先の乗車券が無駄になることを承知で下車。
改めて名古屋京都間(5000円位)を購入して、午後、ホテルで合流しました。
だから、実際は、驚くほどお得というわけにはいかなかったのです。
米倉涼子さんにも、遭遇することはなかったし・・・


でも、急な事件があって、すべてを無駄にするなんてこともなく、
3人とも、体調を崩すことなく、元気に予定通り旅を楽しむことができてよかった。(ほっ!)



    PS:この記事は、先日、日本橋の金子半之助で天ぷら飯を食べながら、
     このツアーについて質問してくれたHちゃん、
     そしてその他にも、興味がある方がいるかも、そう思い、書きました。
     お得な点とそうでない点、まだよくわからない点は、質問待ってます。
     
   



 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:643
最後に更新した日:2017/05/06

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM